診療報酬債権を活用するファクタリングの仕組み

診療報酬債権を活用するファクタリングの仕組み

診療報酬債権には、診療報酬債権、介護報酬債権、調剤報酬債権といった種類があり、これら全ての事を纏めて診療報酬債権と呼んでいます。
保険医療機関が被保険者及び扶養者に対して保険診療を行った事の対価として、国民健康保険団体連合会(国保)や社会保険診療報酬支払基金(社保)から支払いを受ける事が出来る債権です。
医療・介護・調剤報酬債権流動化サービス(ファクタリングサービス)「早期資金化」は、診療所や介護事業、調剤薬局事業を営む法人及び個人事業主のお客様が、国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金の保険支払機関に対して有する債権を、ドクターズ・サポートが買い受けるサービスです。
お客様は保険支払機関から支払われる約2か月先の債権を早期に資金化出来る為、キャッシュフローの改善とバランスシートのスリム化を同時に実現して頂けます。銀行の借入と違い、赤字や債務超過でも利用可能です。
弊社では、お客様と弊社の2社間ファクタリング、お客様と弊社と診療報酬支払基金との3社間ファクタリング、どちらも対応致しております。
お客様にとって一番良い形をご提供致します。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

氏名(病院/会社/屋号でも可)

 

電話番号

- -

 

都道府県

 

メールアドレス

 

お問い合わせ内容

 

希望額(ファクタリング希望の場合)

 

希望日(ファクタリング希望の場合)

 

 

 

関連記事

PAGE TOP